皆様の声まだまだある皆様の声

★手術を勧められた臀部から下肢の激痛が骨盤調整で解放へ

歩けることがこんなに幸せな事なのかとしみじみ思うこの頃です。小沢先生に治療を受ける様になって三ヶ月が過ぎました。
左臀部から太もも裏そして左下肢にかけ突然の激痛に見舞われたのは昨年の八月でした。行きつけの外科医よりかなり厳しい
状態なので手術をしましょうとの診断でしたが術後の後遺症や再発、家族の反対の意見もあり私自身も踏み切れずに
いました。手術までの一ヶ月間飲み薬で痛みを抑えながらいろんな文献、、インターネットで手術以外の治療法はないものかと
必死で調べる日々が続きました。

そんな時、以前お世話になった小沢先生から頂いた「月刊誌、自然良能」に椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症を骨盤調整で
克服した患者さんの闘病記が載っていました。目の前に光が差し込んだようで嬉しくて、その日のことは今でもはっきりと覚えています。
予約の電話を入れ、翌日から毎日の通院が始まりました。私の場合、狭窄症、靭帯の骨化そして筋肉の硬直もあり一進一退、
好転反応を繰り返しながらの治療でした。それでも12月の末頃には痛みやしびれが9割方改善されたと思います。前傾していた体もまっすぐに立てる様になり、治療室でよく顔を合わせる先輩の患者さんからも「良くなったわね」と励ましの声をかけてもらっています。

毎日の通院は大変ですが院内が明るく心地よいBGMに癒され、何より前向きな小沢先生の対応のおかげと思っております。
そして毎日のバラコンバンド巻きに手を貸してくださる先生の奥様にも感謝しています。まだ歩行と長時間の立ち仕事には
少し痛みが伴っているので完治までにはもう少し時間がかかると思いますが、希望をもって治療に専念したいと思っています。

                              館林市 M・H 66才 女性  令和2年2月1日

★手術を勧められた臀部から下肢の激痛が骨盤調整で解放へ